ユニフォーム辞典|フラダンス衣装からスポーツウェアのオーダー

ファッション

服にロゴを入れるメリット

刺繍

仕事やイベントで使用する服にロゴ刺繍をする事が人気になっており、メリットが多いため評判が良いです。ロゴ刺繍は耐久性が高く、洗濯してもロゴが消える事がないですし、刺繍ならではの高級感があるためオススメです。

View Detail

服やバックなど何でも

刺繍

誰しも服やかばんはデザインしたいと思うことでしょう。それはオーダーで依頼していけば可能なこととなっています。また、これでは自由に英語、日本語など入れてもらえるため、世界に一つだけの物となります。

View Detail

素敵に作って楽しもう

ハワイ

ネット通販で買う時の注意

子供から高齢者まで幅広く親しまれているフラダンスですが、その衣装の調達に悩まされている方もいらっしゃると思います。鮮やかで見ているだけでも楽しいフラダンスの衣装や小物や専門店でなければ、なかなか手に入れることができませんでしたが、最近ではネット通販や専門のカタログ通販などを利用して誰でも手軽に購入できるようになりました。しかし、ネット通販を利用する時は、サイズや丈の長さ、生地や生産国などを事前に確認しておかなければなりませんし、自己都合で返品すると送料も自己負担になるので注意しましょう。また、ネット通販に慣れていない方は、説明文をきちんと読み、分からないことがあれば詳しい人や家族に聞いてトラブルに遭わないようにしてください。

自分で作ってみよう

フラダンスの衣装は、既製品を購入するだけでなく、手芸店やネット通販で生地を買って自分で作ることができます。手芸が得意な方や自分だけの衣装が欲しいという方におすすめの方法で、セール中に生地を購入すればお得に衣装を手にすることができます。型紙は持っている人に借りて模造紙などにうつしておけば、何度でも使えますし、サイズが合えば新たに購入することもできます。フラダンスの衣装はとてもシンプルなので、フリルの数や形状を変えたりアレンジしてみたりするのも楽しいですし、フラダンスに使わなくとも好きながらで部屋着を作ることもできるのでおすすめです。立ち寄った手芸店や豊富な種類が揃うネット通販などで、ぴったりの柄が見つかった時は、是非作ってみてください。

キルトのあれこれ

裁縫

キルト糸とはだいたいどこの手芸店にも置いてあるミシン糸より少し太い糸のことです。これはそんなに高くないので、この糸を使ってテディベアなどのぬいぐるみを作ることも可能です。そして様々な色や種類を使いこなすことが大事です。

View Detail